桑の葉

桑の葉

ケールよりも癖が無い味のため飲みやすい青汁になります。桑の葉に含まれる成分で生活習慣病予防やダイエットに効果があるといわれています。

 

・ 1-デオキシノジリマイシン
桑の葉に含まれる1-デオキシノジリマイシンという成分は、糖の吸収を抑えるという研究データがあります。酵素と結びつくことで糖の吸収を抑え、血糖値が上がりにくくなります。そのため糖尿病予防として役立てられます。薬とは違い血糖値を下げすぎることがなく、低血糖のような副作用は起こりません。

 

・ ダイエット対策
桑の葉に含まれるポリフェノールはコレステロールの吸収を抑える効果が期待できます。これにより脂肪の蓄積を防ぎ、ダイエット対策としても活用されています。糖類の過剰摂取により太りやすい方にも便利です。

 

・ 不溶性食物繊維
食物繊維が豊富で水に溶けない不溶性食物繊維が多く含まれます。そのため便秘解消によく、腸内環境を整え整腸作用が期待できます。有害物質の除去にも効果的ですから、老廃物が蓄積しやすい方にもおすすめです。

 

・ ノンカフェイン
桑の葉にはカフェインが含まれていません。子どもからお年寄りまで幅広い方が青汁として利用できます。妊婦さんが飲む青汁の原料としても最適です。