レモン

レモン

他の緑黄色野菜にレモンを加えた青汁が販売されています。スッキリとした飲みやすい青汁に仕上げることができます。ビタミンCの補給としても適しており、爽やかな香りで青汁の独特な青臭さが解消されています。

 

・ ビタミンC補給に
青汁にレモンを加えることでビタミンCの量が多くなります。メラニン色素を抑制する働きがあるため、シミや美白対策として便利です。コラーゲンの生成にも使われており、ビタミンCが強化されていれば美肌対策に繋がります。紫外線を多く浴びる方、ストレスが多い方、喫煙者におすすめです。

 

・ ポリフェノールによる抗酸化
レモンにはエリオシトリンという抗酸化成分が含まれています。細胞を若々しく保ち、生活習慣病やアンチエイジング対策として便利です。皮に多く含まれている成分ですから、青汁にどの部分が配合されているかチェックしてみましょう。

 

・ 代謝アップ
レモンに含まれるクエン酸は代謝アップが期待できます。疲労の蓄積を防いだり、脂肪や糖質の代謝にも使われています。クエン酸はキレート作用によりミネラルの吸収を助けますから、青汁に含まれるミネラルの効果が高まります。

 

・ リラックス効果
レモンに含まれるリモネンにはリラックス効果があります。スッキリとした香りはストレス解消によく、爽やかな香りで青汁を飲みやすくしてくれます。